上戸彩 女子高生時代のポロリ

上戸彩 女子高生時代のポロリ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上戸彩 女子高生時代のポロリ
アダルト無修正動画









上戸 彩(うえと あや、1985年9月14日 - )は、東京都練馬区出身の日本の女優、歌手、アイドル、タレント。所属事務所はオスカープロモーション。身長は162cm。スリーサイズはB82、W58、H84。堀越高等学校を2年1学期で中退。

人物・エピソード・交友関係

* 東京都練馬区光が丘出身、父親は北海道出身、母親は沖縄県石垣島出身。3人兄妹の末っ子で、2歳年上と16歳年上の兄がいる。
* 上戸の母方の祖母は琉球民謡の歌手であり、母親も跡を継ぎたかったが断念した。そんな中、友人がエキストラをやったと嬉しがっていたのを聞いた上戸は「私もテレビに出てみたい」と母親に話す。それを聞いた母親はポストのチラシに入っていた「全日本国民的美少女コンテスト」に本人に内緒で応募した。母親は、今でもドラマのセリフ覚えの手助けをしたり、スケジュール管理を行うなど、陰のマネージャー的存在である。
* 2000年、まだZ-1としての活動をしているときに、厚生労働省の「LQ(エルキュー、ロング休暇=長期休暇の意味)キャンペーン」ポスターが全国に貼られた。当時15歳でまだ全国的な認知度も低く、ポスターには「上戸彩(Z-1)」とキャプションがつけられていた。ちなみに厚生労働省のHPではポスターではないが、ポスターと同じ写真を表紙に使った報告書を閲覧することができる[1](PDFファイルにつき注意)。他にも国土交通省・消防庁等、官公庁のイメージキャラクターになることが多い。
* その風貌から「平成の山口百恵」と呼ばれる事も多く、初期の頃の「エンタの神様」で「プレイバックPart2」を自ら歌い出演したPVが放送された。
* CM NOWの読者が選ぶ女性タレント部門で2004年~2006年、3年連続第1位に選ばれた。
* 2006年、ロッテがインターネットを通じて行った「バレンタインチョコレートを貰いたい女性有名人」調査で1位になる。
* 10代の頃から、自宅での平均睡眠時間は「2時間くらい」[2]という超多忙な毎日。
* 2008年、チャイルドケアライセンスの資格を取得。
* 酒井彩名とは中学生の頃から親友、ベッキーとは自宅の合鍵を交換するほど仲が良い。
* 一発芸として舌を微妙に回転させることができる。
* 銀杏が「臭い」「苦い」という理由で苦手。
* 17歳の頃、さんまのまんまにおいて「子供が好きで、保母さんになりたい」と語っていた。
* 宗教法人創価学会の会員であり、その事実は上戸彩の所属芸能事務所であるオスカープロモーションが週刊新潮2005年1月27日号で認めている。
* 幼少の時、両親が離婚。母親に引き取られ思春期を団地で過ごす。19歳の時、育ててくれた感謝の意味を込めて母親の念願でもあった一軒家をプレゼントした。
* 2009年12月3日放送の『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』で「やっぱり上戸彩芸人」と言う企画が放送された。番組内では企画を持ち込んだ関根勤を始め出演芸人達が上戸の魅力や活動などを語り合い、合間に上戸が電話出演、番組の最後にはスタジオ出演もした。また、『アメトーーク!』のファンであると番組内で発言している。

略歴

* 1997年8月に第7回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞。
* 1999年7月に4人組アイドルユニットZ-1の一員としてデビュー。
* 2000年にはテレビドラマ『涙をふいて』で女優としての活動を開始し、以降数々のドラマや映画に登場。2001年に出演した『3年B組金八先生』(TBS)第6シリーズで性同一性障害という問題を抱えた、影のある中学生「鶴本直」を演じ、一躍有名になった。
* 2002年2月、第40回ゴールデン・アロー賞の最優秀新人賞を受賞。8月に、Z-1としての活動を休止し、ソロデビューシングル『Pureness』を皮切りに歌手としての活動を行っている。
* 2004年3月、第41回ゴールデン・アロー賞の映画新人賞を受賞。同年10月に第71回NHK全国学校音楽コンクール全国コンクール 小学校の部にて司会を務めた。同年末第55回NHK紅白歌合戦にトップバッターで初出場を果たした。
* 2005年に国勢調査2005のCMキャラクターをダニエル・カール及び北村総一朗とともに務めた。同年にFIFA Club World Championship TOYOTA Cup JAPAN 2005では、日本テレビの番組マスコットガールを務めた。この大会で上戸は南米代表の「サンパウロ」のキーパー「ロジェリオ・セーニ」を応援していた。
* 2005年にはベストヘアー賞、ベスト・スマイル・オブ・ザ・イヤー賞(武豊騎手と共に)、ネイルクイーンを受賞。
* 2005年3月26日にプロ野球パシフィック・リーグ開幕戦福岡ソフトバンクホークス対北海道日本ハムファイターズで始球式を務めた。
* 2006年に『名探偵コナン』10周年企画として、スペシャル・サポーターに就任。10週にわたって番組内でクイズやコナンとCMに共演したり、情報番組でPRするなどコナンを全面的に支援していく。2006年4月に劇場公開された、「名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌」のエンドロールで、10周年記念スペシャル・サポーターと記載されていた。2006年5月8日に放送された、名探偵コナンでは、本人役として声優デビューをした。(吹き替えを除く)(2007年5月現在、この他に日本のアニメ等で声優として出演したことはない。2002年にピーターパンで吹き替えをおこなったことはある)同年に小学館の12歳の文学賞の特別審査員に。理由は、上戸が小学生に絶大な人気があるからである。また、5月8日放送では「女優・上戸彩」としてアニメに登場。同年2月に日本テレビのトリノ冬季五輪番組でキャスターに初挑戦した。同年6月、法務省の第56回社会を明るくする運動のイメージキャラクターに起用。
* 2007年8月29日、平成20年度のイヤージュエリー・イメージリーダーとして選ばれる。
* 2008年12月、『M-1グランプリ2008』、そして『第50回 輝く!日本レコード大賞』の司会に大抜擢される。

音楽

Z-1時代は東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)で、東芝乾電池のCM等のタイアップもあり一見東芝の代表のようになっていたが、ソロ後は全てポニーキャニオン(FLIGHT MASTER)から発売。
シングル
発売日 タイトル 楽曲制作 規格 規格品番
1st 2002年8月28日 Pureness 作詞:T2ya
作曲:T2ya
編曲:T2ya CD+DVD
CD PCCA-01751 (初回盤)
PCCA-01752 (通常盤)
2nd 2002年11月7日 kizuna 作詞:T2ya
作曲:T2ya
編曲:T2ya CD+CD-ROM
CD PCCA-01780 (初回盤)
PCCA-01786 (通常盤)
3rd 2003年2月26日 Hello 作詞:T2ya
作曲:T2ya
編曲:T2ya CD+DVD
CD PCCA-01847 (初回盤)
PCCA-01848 (通常盤)
4th 2003年5月14日 MESSAGE/PERSONAL 作詞:岩里祐穂
作曲:HΛL
編曲:Sin CD PCCA-01876
5th 2003年8月27日 感傷/MERMAID 作詞:PIPELINE PROJECT
作曲:PIPELINE PROJECT
編曲:PIPELINE PROJECT CD PCCA-70048
6th 2003年11月27日 微熱 作詞:伊秩弘将
作曲:渡辺未来
編曲:水島康貴 CD PCCA-01957
7th 2004年2月4日 愛のために。 作詞:織田哲郎
作曲:織田哲郎
編曲:織田哲郎 CD PCCA-01975
8th 2004年6月16日 風/贈る言葉 作詞:三浦徳子
作曲:織田哲郎
編曲:清水信之 CD PCCA-02042
9th 2004年7月28日 あふれそうな愛、抱いて/涙をふいて 作詞:三浦徳子
作曲:織田哲郎
編曲:清水信之 CD PCCA-02056
10th 2004年11月17日 ウソツキ 作詞:織田哲郎・NORI
作曲:織田哲郎
編曲:織田哲郎・長田直也 CD+DVD
CD PCCA-02081 (初回盤)
PCCA-02082 (通常盤)
11th 2005年6月8日 夢のチカラ 作詞:高見沢俊彦
作曲:高見沢俊彦
編曲:高見沢俊彦 CD PCCA-02132
12th 2005年8月3日 風をうけて 作詞:RYOJI
作曲:RYOJI・NAOKI-T
編曲:NAOKI-T CD PCCA-02158
13th 2006年2月15日 笑顔のままで 作詞:RYOJI
作曲:RYOJI・NAOKI-T
編曲:NAOKI-T CD PCCA-02227
14th 2007年3月14日 way to heaven 作詞:Shoko
作曲:平田祥一郎
編曲:平田祥一郎 CD+DVD+PHOTO BOOK
CD PCCA-02401 (初回盤)
PCCA-02402 (通常盤)
15th 2007年5月30日 涙の虹/SAVE ME 作詞:上戸彩・榊いずみ
作曲:YOO
編曲:松浦晃久 CD PCCA-02442
16th 2009年6月24日 Smile for.../もう一度だけ 作詞:広瀬香美
作曲:広瀬香美
編曲:井上ヨシマサ CD+DVD
CD
CD PCCA-02910 (初回盤)
PCCA-70242 (通常盤)
PCCA-70243 (REBORN!盤)
オリジナルアルバム
発売日 タイトル 規格 規格品番
1st 2003年3月12日 AYAUETO CD PCCA-01849
2nd 2004年3月3日 MESSAGE CD+DVD
CD PCCA-01996 (初回盤)
PCCA-01997 (通常盤)
3rd 2004年12月8日 Re. CD PCCA-02100
4th 2006年3月8日 License CD+DVD
CD
PCCA-02235 (初回盤)
PCCA-02236 (通常盤)
5th 2009年7月15日 Happy Magic〜スマイルプロジェクト〜 CD+DVD+PHOTO BOOK
CD PCCA-02941 (初回盤)
PCCA-02942 (通常盤)
ベストアルバム
発売日 タイトル 規格 規格品番
2006年9月20日 BEST OF UETOAYA -Single Collection- CD+DVD+SPECIAL GOODS
CD+DVD
CD PCCA-02317 (COLLECTOR'S EDITION/1万枚完全生産限定)
PCCA-02318 (PREMIUM EDITION/通常盤)
PCCA-02319 (STANDARD EDITION/通常盤)
リミックスアルバム
発売日 タイトル 規格 規格品番
2005年8月24日 UETOAYAMIX CD PCCA-02168
その他参加作品
アルバム

1. ピーター・パン2/ネバーランドの秘密 オリジナル・サウンドトラック (2002年11月27日発売)「君も仲間さ」「私もロスト・ガールよ」収録
2. Thank You〜ありがとう〜 (2006年6月7日発売)「ぬくもり」収録
3. Extra High Grade Works/Home Grown (2006年8月23日発売)「風 」収録
4. Family/KOHEI JAPAN (2007年6月20日発売)「もしも願いが叶うなら:上戸彩 feat. KOHEI JAPAN」収録
5. sakura songs 2 (2008年3月12日発売)「この世界に生まれて」収録
6. Jazztronik Works/Jazztronik (2009年2月18日発売)「ウソツキ-Jazztronik-」収録

DVD

1. アタックNo.1 CLIPS (2005年9月21日発売)

DVD

1. UETO AYA FIRST LIVE TOUR Pureness 2003(2003年8月6日発売)
2. UETO AYA CLIPS 01(2003年9月18日発売)
3. UETO AYA CLIPS 02(2005年3月16日発売)
4. UETO AYA LIVE TOUR 2005 “元気ハツラツぅ?”(2005年12月14日発売)
5. UETO AYA BEST LIVE TOUR 2007 "Never Ever" (2007年12月5日発売)
6. Happy Magic~スマイル・マイルス・マイルッス~(2009年12月16日発売)

ライブ

1. UETO AYA FIRST LIVE TOUR Pureness 2003 (2003年5月)
2. オロナミンC presents 上戸彩 LIVE TOUR 2005 "元気ハツラツぅ?" (2005年8月3日・5日・9日・11日・14日・18日・19日・21日・23日・25日・29日、よこすか芸術劇場・新潟市民芸術文化会館・Zeep Sapporo・仙台電力ホール・富士市文化会館 ロゼシアター大ホール・愛知県勤労会館・大阪厚生年金会館 芸術ホール・野洲文化ホール・須坂市文化会館 メセナホール・メルパルクホール FUKUOKA・中野サンプラザ)
3. 上戸彩 SUMMER LIVE TOUR 「UETO AYA BEST LIVE TOUR 2007 "Never Ever"」 (2007年8月15日・17日・21日・23日・25日・26日・28日・30日・9月1日、Zeep Fukuoka・クラブクアトロ・Zeep Nagoya・Zeep Sendai・Zepp Tokyo・Zepp Sapporo・LOTS・Zepp Osaka)
4. "Happy Magic ~スマイル・マイルス・マイルッス~" (2009年8月29日・31日、Zepp Osaka・Zepp Tokyo)

出演
テレビアニメ

* 名探偵コナン第437話。(サブタイトルは「上戸彩と新一 4年前の約束」) - 本人役。(DVD・VHSでは、PART15第3巻の3話目に収録している)

テレビ

* おきなわ彩の詩 ~未来に伝えたい島人ぬ宝~(2005年2月6日、琉球朝日放送) リポーター
* 快進撃TVうたえモン(フジテレビ、1999年1月12日-9月14日)レギュラー(Z-1としての出演)

テレビドラマ

* ウルトラマンガイア 第46話『襲撃の森』(1999年 TBS) - 信者(Z-1としての出演。クレジットなし)
* 涙をふいて(2000年10月~12月 フジテレビ系) - 淵上桃 役
* 嫁はミツボシ。(2001年4月~6月 TBS系) - 新庄真由 役
* 3年B組金八先生 第6シリーズ(2001年10月~2002年3月 TBS系) - 鶴本直 役
* 渡る世間は鬼ばかり 第10話~第15話(2002年6月~2002年7月 TBS系) - 山下加奈 役
* マイリトルシェフ(2002年7月~9月 TBS系) - 鴨沢名津菜 役
* 高校教師(2003年1月~3月 TBS系) - 町田雛 役
* ひと夏のパパへ(2003年7月~9月 TBS系) - 主演・望月まりも 役(初主演)
* さとうきび畑の唄(2003年9月28日 TBS系) - 平山美枝 役
* 3年B組金八先生 第7シリーズ 第11話(2004年1月7日 TBS系) - 鶴本直 役
* エースをねらえ!(2004年4月~6月 テレビ朝日系) - 主演・岡ひろみ 役
かつてアニメーションとして放送された同作品の実写版。
* エースをねらえ!~奇跡への挑戦~(2004年9月23日 テレビ朝日系) - 主演・岡ひろみ 役
* 義経(2005年1月~12月 NHK) - うつぼ 役
* 土曜ワイド劇場 古都(2005年2月6日 テレビ朝日系) - 佐田千重子・苗子 役(二役)
* アタックNo.1(2005年4月~6月 テレビ朝日系) - 主演・鮎原こずえ 役
かつてアニメーションとして放送された同作品の実写版。本人にとっては前作・テニスを題材にしたドラマ『エースをねらえ!』に続く第2作目。
* 美空ひばり誕生物語~おでことおでこがぶつかって~(2005年5月29日 TBS系) - 加藤和枝(美空ひばり)15歳~20歳 役
* 涙そうそう この愛に生きて(2005年10月6日 TBS系) - 小田未来 役
* 翼の折れた天使たち 第一夜「セレブ」(2006年2月26日 フジテレビ系) - 主演・小峰奈々子 役
* アテンションプリーズ(2006年4月~6月 フジテレビ系) - 主演・美咲洋子 役
* 下北サンデーズ(2006年7月~9月 テレビ朝日系) - 主演・里中ゆいか 役
* アテンションプリーズスペシャル ハワイホノルル編 (2007年1月13日 フジテレビ系) - 主演・美咲洋子 役
* 李香蘭(2007年2月11日~12日 テレビ東京系) - 主演・山口淑子(若き日の李香蘭)役
* 渡る世間は鬼ばかり最終回スペシャル (2007年3月29日 TBS系) - 山下加奈 役
* ホテリアー(2007年4月~6月 テレビ朝日系) - 主演・小田桐杏子 役
* 輪違屋糸里~女たちの新撰組~(2007年) - 主演・糸里 役
* 暴れん坊ママ(2007年10月~12月 フジテレビ系) - 主演・川野あゆ 役
* アテンションプリーズスペシャル~オーストラリア・シドニー編~(2008年4月3日 フジテレビ系) - 主演・美咲洋子 役
* ホカベン(2008年4月~6月 日本テレビ系) - 主演・堂本灯 役
* セレブと貧乏太郎(2008年10月~12月 フジテレビ系) - 主演・美田園アリス 役
* 婚カツ!(2009年4月~6月 フジテレビ系) - 出演・飛田春乃 役
* 橋田壽賀子ドラマスペシャル結婚(2009年 テレビ朝日系) - 出演・上原ちかげ 役

バラエティー・その他

* テレビ朝日『GIRLS A GOGO!』(『U-Style』というコーナー内で)
* 日本テレビ『真相報道 バンキシャ!』
* 日本テレビ『リアルタイム』(『エンタメSPORTS』というコーナー内で)
* 日本テレビ『FIFAクラブ世界選手権 TOYOTA CUP』(2005年12月、スペシャルサポーターとして)
* テレビ朝日『徹子の部屋』(2006年7月13日)
* 日本テレビ『TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ』(2006年12月、スペシャルサポーターとして)
* フジテレビ『もしもツアーズ』(2008年9月27日)
* フジテレビ『笑っていいとも!』(2008年10月6日)
* フジテレビ『爆笑レッドカーペット』(2008年10月8日)
* フジテレビ『めざましテレビ』(2008年10月14日)
* フジテレビ『笑っていいとも!』(2008年10月14日)
* フジテレビ『5LDK』(2008年10月16日)
* フジテレビ『ウチくる!?』(2008年10月26日)
* フジテレビ『脳内エステ IQサプリ』(2008年11月1日)
* フジテレビ『SMAP×SMAP』(2008年11月10日)
* 日本テレビ『行列のできる法律相談所プレゼンツ「カンボジアに学校を」完結SP』(2008年11月22日)
* フジテレビ『一攫千金!日本ルー列島スペシャル!!』(2008年12月5日)
* NHK総合『全国高校生対抗 ごはんCUP2008』(2008年12月20日、司会として)
* テレビ朝日『M-1グランプリ2008』(2008年12月21日、司会として)
* フジテレビ『アジア最強のマジシャン リュー・チェン奇跡の瞬間44連発SP』(2008年12月22日)
* フジテレビ『笑っていいとも!』(2008年12月23日)
* フジテレビ『カスペ!・緊急生放送!最終回直前!セレブと貧乏太郎SP』(2008年12月23日)
* TBS『王様のブランチ』(2008年12月27日、コーナーゲストとして)
* TBS『チャンネル★ロック!』(2008年12月27日)
* TBS『第50回 輝く!日本レコード大賞』(2008年12月30日、司会として)
* フジテレビ『第12回がんばった大賞』 (2009年3月16日)
* フジテレビ『ホンネの殿堂!!春の2時間スペシャル』(2009年4月3日)
* フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした21周年だよ!SP』(2009年4月9日、食わず嫌い王決定戦)
* フジテレビ『笑っていいとも!春の祭典スペシャル』(2009年4月13日)
* フジテレビ『めざましテレビ』 (2009年4月20日)
* フジテレビ『笑っていいとも!』 (2009年4月20日)
* フジテレビ『笑っていいとも!』 (2009年6月22日、テレフォンショッキング)
* テレビ朝日『いいはなシーサー』 (2009年7月9日)
* 日本テレビ『ズームイン!!サタデー』 (2009年7月11日)
* NKN総合『MUSIC JAPAN』 (2009年7月12日)
* フジテレビ『めざにゅ〜』 (2009年7月13日)
* テレビ朝日『ロンドンハーツ』 (2009年7月14日)
* フジテレビ『笑っていいとも!』 (2009年7月15日)
* フジテレビ『はねるのトびら』 (2009年7月15日)
* テレビ朝日『堂本剛の正直しんどい』 (2009年7月15日)
* テレビ朝日『ミニステ』 (2009年7月17日)
* テレビ朝日『ミュージックステーション』 (2009年7月17日)
* 日本テレビ『音楽戦士』 (2009年7月17日)
* 日本テレビ『恋のから騒ぎ』 (2009年7月18日)
* TBS『月光音楽団』 (2009年7月20日)
* TBS『うたばん』 (2009年7月26日)
* TBS『ひみつのアラシちゃん』 (2009年8月13日)
* フジテレビ『めっちゃ2イケてるッ!』 (2009年8月22日)
* フジテレビ『にじいろゾーン』 (2009年8月29日)
* フジテレビ『SMAP×SMAP09夏休み超能力SP!!』 (2009年8月31日)
* テレビ朝日『第12回全日本国民的美少女コンテスト』 (2009年9月6日)
* 日本テレビ『1億人の大質問!?笑ってコラえて!スペシャル』 (2009年9月30日)

映画

* 殺人者(大映、1999年) - ヒカリ役
* ピーター・パン2 ネバーランドの秘密(2002年) - 吹替え:ジェーン役
* あずみ(『あずみ』製作委員会、東宝、2003年) - あずみ役〈初の時代劇〉
* インストール(『インストール』製作委員会、角川、2004年) - 野沢朝子役
* あずみ2 Death or Love(『あずみ2』製作委員会、東宝、2005年) - あずみ役
* あした元気にな~れ!(『あした元気にな~れ!』製作委員会、2005年) - 吹替え:中根かよ子役
* ピアノの森(『ピアノの森』製作委員会、松竹、2007年) - 吹替え:一ノ瀬海役
* スピード・レーサー(制作・配給ワーナー・ブラザーズ、2008年) - 吹替え:トリクシー〈クリスティーナ・リッチ〉役
* 櫻の園(『櫻の園』製作委員会、松竹、2008年) - リミ役〈友情出演〉
* 横浜開港150周年記念SFファンタジーアニメーションBATON(Rockwell Eyes、2009年) - 吹替え:ミカル役
* ATOM(角川エンタテインメント、2009年) - 吹替え: アトム役

CM

* 松尾製菓 チロルチョコ (2000年)
* 日清食品
o カップヌードル (2001年)
o どん兵衛 (2003年)
* 日本コカ・コーラ 茶宝 (2002年)
* バンダイ
o カラオケステーション (2002年)
o ガンダム(2003年)
* ニベア花王(花王の子会社) 8×4 エイトフォー・パウダースプレー (2002年)
* 花王
o ソフィーナ ベリーベリー(2003年)
o ソフィーナ AUBE(オーブ)(2005年)
* 家庭教師のトライ(2003年)
* アパマンショップ(2003年 - )
* メンズプラザアオキ → AOKIホールディングス(2003年 - )
* 角川書店 ザテレビジョン(2003年)
* 損保ジャパン(2003年 - )

パンダの着ぐるみで出演。中の人となった上戸は、「出演したのは自分ではなく"損保ジャパンダ!"(キャラクターの名)」と語っている。

* ロッテ
o パイの実 (2003年)
o 「爽」(2004年 - )
o フルーツガム(2005年)
o ガーナミルクチョコレート(2006年 - )

2007年8月ごろからの一時期、CMの最後に上戸がチマチョゴリ姿で韓国への観光をPRしていた。

* プロトコーポレーション GOO(2004年 - )

2005年1月から放送されているCMは江口寿史が上戸をモデルに作画したイラストアニメーションで登場

* 大塚製薬 オロナミンC(2004年 - )
* 小学館 週刊少年サンデー(2004年)
* コクーン新都心(2004年) 関東地方限定
* Yahoo! BB(2004年 - )
* 富士フイルム DVDきれい録り(2004年)
* キッコーマン うちのごはん、我が家は焼肉屋さん(2004年 - )
* JTB(2005年)
* 国勢調査(2005年)
* ダイハツ工業 ソニカ(2006年 - )田中尚貴と共演
* ジョイフル恵利(2006年 - )
* ソフトバンクモバイル ホワイト家族24(2007年 - )

このCMで上戸が着るソフトバンクショップのユニフォームには「白戸」(ホワイトと読ませる)というネームプレートが付いていることから、主にネット上では「白戸家の人々」ともよばれている。

* KOSE Fasio(2007年 - )
* コーセーコスメポート Softymoスピーディクレンジングオイル 『お風呂の物語・演歌』篇、『お風呂の物語・フォーク』篇(2008年 - )
* 京成電鉄 スカイライナー(新型スカイライナー)(予定)
* 富士通テン カーナビゲーション「ECLIPSE」(2008年 - )
* バイトルドットコム(2008年 - )
* サンヨー食品(2009年 - )
* 大阪ガス(2009年 - )
* NEXCO中日本 2009年度東名集中工事(2009年)

ラジオ

* ニッポン放送「上戸彩 Seventeen's Map」(2002年10月から2003年9月まで)
* ニッポン放送 「上戸彩 Eighteen's Road」(2003年10月から2004年9月まで)
* ニッポン放送 「上戸彩 Nineteen's ナイン」(2004年10月から2005年9月まで)
* ニッポン放送 「上戸彩 ハタチにハイタッチ!」(2005年10月から2006年9月まで)
* ニッポン放送 「上戸彩 21ピース!」(2006年10月から2007年4月1日まで)
* この一連の番組群は上戸の年齢に準じて17歳では『Seventeen's Map』→18歳では『Eighteen's Road』→19歳では、『Nineteen's ナイン』と番組名が変わっている。19歳までは年齢の英語読みを絡ませていたが、20歳になった2005年秋からのタイトルは初めて年齢が日本語のタイトルになった。
* 『上戸彩のオールナイトニッポン』が2005年6月2日の木曜日深夜1時~3時に放送された。通常の木曜日深夜1時~3時の放送は『ナインティナインのオールナイトニッポン』である。ゲストは、ドラマ『アタックNo.1』で共演していた、船越英一郎、酒井彩名である。
* ニッポン放送「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」(2006年12月24日~25日)
* ニッポン放送「上戸彩 24」(2009年12月13日)

ゲーム

* ローグギャラクシー(キサラ)

その他

* 「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーン(2001年)
* 香水、メガネフレーム(メガネスーパー)などのファッショングッズのプロデュース活動を展開。
* 小学館の少女漫画雑誌『少女コミック』で、彼女の軌跡を描いた漫画『上戸彩物語』が、2005年8、9号で掲載。作画担当は咲坂芽亜。6月24日、コミック本として発売。
* 「Never Ever UETO AYA Original Stamp」(ノン・ヴァーバル コミュニケーションズ)女優初となるフレーム切手を発売。(2008年7月7日)

受賞歴

* 全日本国民的美少女コンテスト第7回審査員特別賞
* 第14回日本ジュエリーベストドレッサー賞10代部門
* 第40回ゴールデン・アロー賞最優秀新人賞/放送新人賞
* 第11回橋田賞新人賞
* 第13回日本映画批評家大賞新人賞
* 第28回エランドール賞新人賞
* 第27回日本アカデミー賞新人俳優賞 ※主演女優賞にノミネート
* 第41回ゴールデン・アロー賞映画新人賞
* 第17回DVD&ビデオでーた大賞ベスト・タレント賞
* 第40回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 主演女優賞
* トリンプ 小悪魔大賞
* 2005ベスト・ヘア賞
* 45thACC CM FESTIVAL演技賞
* ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2005
* ネイルクイーン2005
* 第3回COTTON USAアワード『Miss COTTON USA』
* 2006年度E-ライン・ビューティフル大賞
* 第1回よい歯と食育大賞女性部門賞
* 第24回浅草芸能大賞新人賞
* 第48回ACC CMフェスティバル 「ホワイト家族」シリーズ グランプリ&ベスト演技賞
* 第37回ベストドレッサー賞芸能部門賞
* 第7回きもの大賞
* VOGUE NIPPON Women of the Year 2009 & Decade 2009
* エクセルコダイヤモンドアワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。