綾瀬はるか 16歳の尻

綾瀬はるか 16歳の尻
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
綾瀬はるか 16歳の尻
アダルト無修正動画








綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年3月24日 - )は、広島県広島市安佐南区出身の日本の女優、歌手。所属事務所はホリプロ。身長165cm。スリーサイズは、B88 W61 H91。
目次



* 広島県立祇園北高等学校から堀越高等学校に転校。帝京大学短期大学中退。
* 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。
* 2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
* 2003年、フジテレビ系ドラマ『僕の生きる道』で初の連続ドラマレギュラー出演。
* 2004年、TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』にてオーディションで723人の中からヒロインに選ばれる。知名度を大きく上げる。
* 2006年1月12日、東野圭吾原作のTBS系ドラマ白夜行スタート。
* 2006年3月24日、小林武史プロデュースによるシングル『ピリオド』で歌手デビュー。同曲はオリコンチャート初登場8位を記録。
* 2007年、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。

人物 [編集]
キャラクター [編集]

ホリプロスカウトキャラバンには友達に誘われて参加した。特技ではやることがなかったので学校で流行っていたウサギのまねをした[1]。またバラエティ番組に出演する際に、特技としてウサギのものまねを披露することもある。

バラエティ番組などに出演する際、共演者からは天然ボケと評されることがあり、『ホタルノヒカリ』で共演した藤木直人は、彼女のことを「マイペースで天然。よくつまづいて転んでいたから」と評している。『島田検定』に出演した際は珍回答を連発して司会の島田紳助から「君、本当にアホやろ!」と言われたり、『SMAP×SMAP』では木村拓哉と中井貴一から、綾瀬がベンガルに「ハーフですか?」と尋ねたことや「ジーコって芸名なんですか?」といった過去の発言を披露された。また『ハッピーフライト』の初日舞台挨拶で吹石一恵から「周りの人全員をツッコミにしてしまう(ボケ役の)キャラ」と言われる等同映画の共演者からも彼女の天然ぶりを言及されている。極めつけは全日空(ANA)が製作に全面協力しているのにも関わらず、「日本航空のCAに『ぜひ見に行きます』と言われた」とライバル会社での秘話を話してしまう一幕もあった[2]。また天然だと言われていることに対し、本人は「天然ではない」と述べている[3][4]。

中学3年生時に中国地区の駅伝大会に出場している。運動は全般的に得意で運動神経は良い。
女優として [編集]

『世界の中心で、愛をさけぶ』では、白血病に冒されたヒロインを演じる為に、映画版で同役を演じた長澤まさみ同様、剃髪を行った。他にも作中の描写に合わせるために減量やリバウンドを行って役作りをしていた[5]。

共演者、スタッフの証言やメイキング映像などからも分かるとおり、非常に真面目な性格で演技に対する真摯な態度は共演者、スタッフからも評価が高い。演技に関して納得行くまで監督と話し合うことも多い[6]。
その他 [編集]
Ambox content.png
この記事は言葉を濁した曖昧な記述になっています。Wikipedia:言葉を濁さないを参考に修正して下さい。

『鹿男あをによし』を収録中、人生について考えることが多かったため共演者の児玉清と深夜まで人生について語り合ったことが多々あった。[7]

ニュージーランドでスパイに間違えられ1日拘束されたことがある。[8]

『僕の彼女はサイボーグ』において京劇の舞台に紛れ込んだシーンで舞台袖に掃けるとき暗幕に隠れた鉄筋にぶつかり鼻の骨を折った。このシーンは本編でも確認できる。また、入院中は食事の心配をしていてマネージャーに呆れられた。[9]

尊敬する人は両親[10]。
受賞歴 [編集]

2005年

* 第42回ゴールデンアロー賞 新人賞(『世界の中心で、愛をさけぶ』)

2007年

* 2007年エランドール賞 新人賞(『白夜行』『たったひとつの恋』他SPドラマ)

2008年

* 第32回山路ふみ子映画賞 新人女優賞(『僕の彼女はサイボーグ』『ICHI』『ハッピーフライト』)
* 第21回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞(『ICHI』『僕の彼女はサイボーグ』『ハッピーフライト』)

主な出演作品 [編集]
テレビドラマ [編集]

* 金田一少年の事件簿(2001年、日本テレビ) - 二ノ宮朋子 役
* 平成14年度文化庁芸術祭参加作品『風の盆から』(2002年、NHK総合・NHK BS-hi) - 杉村亜季 役
* 僕の生きる道(2003年、関西テレビ) - 杉田めぐみ 役
* ほんとにあった怖い話・春の恐怖ミステリー『闇からの電話』(2003年、フジテレビ) - 小野瀬美咲 役
* ブラックジャックによろしく(2003年、TBS) - 椿理沙子 役
* 男湯 ~ゴボイジャーショーの巻~(2003年、フジテレビ) - 松浦美奈 役
* 幸福の王子(2003年、日本テレビ) - 光石繭 役
* 太閤記 サルと呼ばれた男(2003年、フジテレビ) - 志乃 役
* それは、突然、嵐のように…(2004年、TBS) - 牧野佐保 役
* P&Gパンテーンドラマスペシャル『冬空に月は輝く』(2004年、フジテレビ) - 主演・今宮華子 役
* ほんとにあった怖い話『横断歩道奇譚』(2004年、フジテレビ) - 主演・中村千里 役
* 極限推理コロシアム(2004年、讀賣テレビ) - 篠崎亜美 役
* 世界の中心で、愛をさけぶ(2004年、TBS) - 廣瀬亜紀 役
* あいくるしい(2005年、TBS) - 真柴みちる 役
* ホリプロ45周年・TBSテレビ放送50周年特別企画 赤いシリーズ2005『赤い運命』(2005年、TBS) - 主演・島崎直子 役
* 里見八犬伝(2006年、TBS) - 浜路 役
* 白夜行(2006年1月~3月、TBS) - 唐沢雪穂 役
* HERO特別編(2006年7月3日、フジテレビ) - 泉谷りり子 役
* たったひとつの恋(2006年10月 - 12月、日本テレビ) - 月丘菜緒 役
* ホタルノヒカリ(2007年7月 - 9月、日本テレビ) - 主演・雨宮蛍 役
* 鹿男あをによし(2008年1月 - 3月、フジテレビ) - 藤原道子 役
* ROOKIES(2008年4月、TBS) - 御子柴響子 役 ※友情出演
* 黒部の太陽(2009年、フジテレビ)- 滝山幸江 役
* MR.BRAIN(2009年5月 - 7月、TBS) - 由里和音 役
* JIN-仁-(2009年10月 - 、TBS) - 橘咲 役

映画 [編集]

* Jam Films『JUSTICE』(2002年、アミューズピクチャーズ) - 女子高生星さん 役
* 雨鱒の川(2004年、ミコット&バサラ) - 主演・高倉小百合 役
* Mr.インクレディブル(2004年、ブエナビスタ) - バイオレット 役 ※日本語版の吹き替え担当
* Jam Films S『NEW HORIZON』(2005年、ファントム・フィルム) - サヨコ 役
* 戦国自衛隊1549(2005年、東宝) - 濃姫 役
* たべるきしない(2006年1月27日、ビクターエンタテインメント) - 主演・ナオ 役
* HERO(2007年、東宝) - 泉谷りり子 役
* 僕の彼女はサイボーグ(2008年、ギャガ・コミュニケーションズ) - 主演・彼女 役
* ザ・マジックアワー(2008年、東宝) - 鹿間夏子 役
* ICHI(2008年、ワーナー) - 主演・市 役
* ハッピーフライト(2008年、東宝) - 斉藤悦子 役
* おっぱいバレー(2009年、ワーナー・東映) - 主演・寺島美香子 役
* ROOKIES-卒業-(2009年、東宝) - 御子柴響子 役 ※特別出演
* ホッタラケの島 遥と魔法の鏡(2009年、東宝) - 主演・遙 役 ※声の出演

バラエティ [編集]

主なもの

* 品庄内閣(2001年 - 2002年、TBS) - レギュラー出演
* コスモ★エンジェル(2002年、東海テレビ) -レギュラー出演、ハルカ 役
* Msize (MTV)

PV [編集]

* Mr.Children「未来」(2005年)

CM [編集]

* P&G「パンテーン」(2003年 - )
o 「MAXFACTOR」(2006年 - )
* 大塚製薬「ポカリスエット」(2005年 - 2006年)
* 紳士服のコナカ「就活&フレッシュマン応援フェア」(2005年 - 2006年)
* 江崎グリコ「ジャイアントコーン」(2007年 - )
o 「素材派プリッツ」(2008年 - )
* パナソニック「VIERA」(2007年 - )
* トヨタ自動車「ラクティス」(2007年 - )
* キリンビバレッジ「生茶」(2008年 - )

ディスコグラフィ [編集]
CD [編集]

* ピリオド(2006年3月24日)作詞:持田香織/小林武史 作曲/編曲/プロデュース:小林武史
* 交差点days(2006年9月13日)作詞:一青窈 作曲/編曲/プロデュース:小林武史
* 飛行機雲(2007年12月5日)作詞:Satomi 作曲/プロデュース:蔦谷好位置

書籍 [編集]
写真集 [編集]

* birth(2001年11月、集英社)
* ひと夏…。 綾瀬はるか写真集(2002年12月、メディア・クライス)
* HEROINE(2004年、小学館)
* Float(2008年4月、ワニブックス)
* Haruka Ayase in Cyborg she『僕の彼女はサイボーグ』公式ガイドブック (2008年6月、ゴマブックス)
* 綾瀬はるか in 「ICHI」(2008年10月、東京ニュース通信社)

雑誌・新聞(インタビュー、グラビア等) [編集]

* tea spoon Vol.2(2006年、角川書店)
* 朝日新聞 2008年10月17日夕刊・金曜エンタ「ゾクゾクする絶対美人」
* withで「はるかの本」を連載中。

関連項目 [編集]

* 日本の女優一覧
* 広島県出身の人物一覧
* 堀越高等学校の人物一覧

脚注 [編集]

1. ^ TBS はなまるマーケット 2004年7月30日
2. ^ 綾瀬はるかの天然ボケ連発に客席仰天!?「ハッピーフライト」初日舞台挨拶
3. ^ MORE 12月号
4. ^ アメーバニュース
5. ^ 2009年5月20日放送『クメピポ! 絶対あいたい1001人』より
6. ^ 雨鱒の川メイキング
7. ^ CIRCUS 2008年12月号
8. ^ 綾瀬はるか、スパイ容疑で逮捕!?(産経ニュース2008年11月8日)
9. ^ NHK「トップランナー」2009年4月10日のインタビュー
10. ^ 品庄内閣 2001年11月7日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。